イベント里山。

「健康は子どものときから」と里山。

2020.01.29

松本里山倶楽部は、只今せっせと準備中。
その歩みをゆっくりと進めています。
ブログ中の人、松本里山倶楽部の宣伝隊長は、松本里山倶楽部ができたらこんなことができるんじゃないか、あんなことができるんじゃないかと、いろいろ想像を巡らせているところです。

こちらのブログでは、松本里山倶楽部に直接関係あるお知らせの合間に、つれづれ話、宣伝部長がお邪魔したお店や会社、面白いことなどもお伝えしていきたいと思います。

これからしばらくの間、松本里山倶楽部を待ちながら、宣伝部長のブログにお付き合いください。

 

松本里山倶楽部はいろいろな世代の方に楽しんでいただける場所にしたいと思っています。
子どもから大人まで。

子どもの時って(私は本当に小さいときは病弱でしたが)寝ても寝ても寝たりなくて。

普通は田舎のおじいちゃん、おばあちゃんのおうちに行くとめったにない環境だから、朝からばりばり早起きしていろんなことをするというのが子ども(笑)だと思うんですが、私は田舎に泊まりに行った時も普通にぐうすか寝ていました。

高校はサボらないけど(ムダに皆勤でしたよ)授業中寝てたし、大学でも(大学授業が長いから)寝て起きてもまだ授業中ということがよくありました。

でも歳を重ねると、寝るということも健康じゃないとできないと。
最近は朝起きたときが一番体の節々が痛い。。^^;。。

健康は失ってみて思い知るものですが、小さいときから「健康」について、家族で話したり考えたりする環境があると、毎日の食事や生活習慣に良い影響があるかもしれませんね。

そこで 「健康かるた」

 

 

 

 

信州メディビトネットという団体は「長野県に健康を広げる」をテーマに長野県民の健康を支援するために活動をしている医療者団体です。

健康について小さいときから話したり考えたりする機会を家庭や学校などでもうけることで、お子さんの健康に対する意識を変化をもたらし、結果大人になって健康で悩む人が少しでも減るようにという考えのもとに、信州健康かるたが制作されました。

 

健康かるたはこんなふうに作られました。

健康に関する、五七五の文句を考える(字余りでも)
その文句からイマジネーションを広げてイラストを考える

文句とイラストを合体させて健康かるたの出来上がりと。

かるたができたらいろいろなところでかるた大会を開きます。
かるたに書いてある言葉から健康に関する話題を子どもを中心に
ご家族でできたら楽しそうです。

松本里山倶楽部でもかるた大会したいな。
おじいちゃん、おばあちゃんとお子さんたちが一緒に健康かるた、、
いや~~一つ企画イベントできたかな、社長に企画書、企画書。

 

プレイベントも盛り上がりましたよ。

もうすぐ本番、楽しみです。^_^

 

 

Current Blog